釧路川カヌーの楽しみ方

こんにちは、編集部ナオキです
釧路と言えば・・・カヌー体験がオススメです!
一言で釧路川っていっても、エリアによって全然違うんですよ~
屈斜路湖から始る釧路川は太平洋まで約154㎞で、一級河川ですがダムなどが無く、ノンストップで
下れるカヌー好き憧れの川なのです。
まずは弟子屈・屈斜路湖からの【源流エリア】
kgaminoma.jpg
鏡の間は水面が鏡のようにキラキラして、とっても神秘的です♪
これは凄くキレイですよ!

川幅も狭く原始の森の中をゆったりとカヌーは下ります~
★鏡の間のカヌーレポートはココをクリック★
キラメク水面と生茂る森の中。その中を蛇行して流れる川幅の狭い釧路川を
巧みな技術で艇を操るガイドさんと楽しめるコースですよ!
(源流エリアと呼ぶことが多いこのコースは、釧路湿原ではありません)
★屈斜路湖・釧路川源流エリアのカヌー体験はコチラからどうぞ★
 
【中間エリア】ってこのような呼び名はない?ですね・・・。僕が勝手にいっています。
釧路湿原の中を下るコースです。塘路湖から支流のアレキナイ川を下って二股で釧路川に合流して
細岡まで下るコースや、五十石(ここから湿原エリアです)やスガワラから二股まで行くコースなど、
バリエーション豊富なプランがたくさんあります!
%E4%B8%AD%E9%96%93%E9%83%A8.jpg
ここは早朝は朝霧につつまれ、流木も多いエリアです。タンチョウ、エゾシカ、オジロワシなど
たくさんの動物たちとも出会える可能性のある自然豊かな湿原エリアですよ
★タンチョウ親子との遭遇映像★
<a href="”>
★体験談はココ★
■中間エリアのオススメは■
塘路ネイチャーセンターさん
日本人に見えない?オーナーのテディ齋藤さんと、とってもエンターティナーなプロガイドさん達です!
 
そして細岡から岩保木水門までの【下流域】 
細岡の展望台に登ったことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、
個人的には湿原のイメージに一番近いコースです。
%E4%B8%8B%E6%B5%81%E5%9F%9F.jpg
蛇行がキツイコース。背丈の低い、ヨシやスゲの中をカヌーは下っていきます
早朝は朝霧につつまれることも多く、また夕日の時間帯は世界三大夕日といわれる
美しい釧路の夕日を眺めながらの湿原川下り~優雅ですねぇ~
%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88.jpg
★体験談はココ★
■下流域のオススメは■
釧路マーシュー&リバーさん
ん~、早朝か夕暮れ時が僕は好きですね~
そして、最後の楽しみ方は”自分で漕ぐ”
釧路川は蛇行がキツク、基本はガイドさんが同乗します。
ですが、R(アール)さんのプログラムは自分で漕ぐことができます!
ベテランガイドの氏原さんのレクチャーのもと、蛇行を繰り返す釧路川を自ら下るのも
楽しいですよ!
R(アール)さんのプログラムはコチラ
★釧路湿原エリアのプログラム一覧はコチラから★
最後に・・・アウトドア体験は天気に左右される・・・ってよく言われますが、釧路川のカヌーは
曇りや雨(豪雨は無理ですが・・・)もオススメです!湿原のウエット感がもっとも引き立ってキレイに
見えますよ!リピーターの方は天気が悪い時の方が喜ぶ方も多いそうです。
「今日は天気が悪いから・・・・残念・・・」いえいえ、それってラッキーですよ♪

札幌市内・定山渓温泉で楽しむカナディアンカヌー

こんにちは、編集部のコミィです
札幌近郊で人気の体験の一つ
定山渓温泉で楽しむカナディアンカヌー♪
P1020088.jpg
温泉街から、ほんのちょっとだけ入ったところがスタート地点
P1020075.jpg
緑に包まれた世界が広がっていました
P1020113.jpg
パドルが水をかく音しか聞こえません

しばらく漕ぐとダムに出ました
P1020124.jpg
風がない日は、漕ぐのをやめても流されることはなく、暫し休憩。のーんびりした時間です
左に見える赤いカヤックはガイドさん。
ちょっとキケンなポイントはサポートしてくれるので、初心者でも安心です。
このダムでUターン。
来た道を戻って、往復で約1㎞、時間にして40分程度。体験料金は一人2,500円!
カヌーに乗るのは自分たちだけですので(他のお客様と相乗りになることはありません)、
写真をとったり、川底を覗いてみたりと自由きままに楽しみながら時間を過ごせます。
気軽に楽しめて、しかもゆったりとした時間が過ごせるプログラムです♪
札幌から車で1時間。秋の紅葉もオススメです
 
このプログラムを案内してくださるのは「アミューズスポーツ」さん。
定山渓のほか、新千歳空港からも近い千歳の美々川でのカヌー体験も人気です。
定山渓での詳細・お申込みは→こちらから☆
千歳での体験の詳細・お申込みは→→こちら!