北の大地の水族館~凍った川の下を泳ぐ魚が見られる!?

北海道北見の「温根湯(おんねゆ)温泉」の近くに、「日本一」と「世界初」のある水族館があります。その名は「山の水族館」。

「日本一」は、日本最大の淡水魚「イトウ」の飼育数が日本最多!
「世界初」は、凍った川の下を泳ぐ魚たちの様子を見ることができる!

というこちらの水族館は、滝つぼのある水槽があったり、習性を利用して、魚の川上りが見られる「ジャンプ水槽」があったり。。と、日本で唯一の「水族館プロデューサー」中村元さんのコンセプトがぎゅっと凝縮された施設です。

滝つぼのある水槽では、激流を生むことで、魚本来の力強い泳ぎが見られるそうです!
山の水族館 オショロコマ

これは、ず———–っと見ていられますね~
山の水族館 滝つぼ水槽

のんびり魚を見ているのも癒されますが、自然の中での魚釣りも癒し効果バツグンですよ♪
魚釣り体験に興味のある方はコチラもどうぞ♪:釣り体験一覧