えりも岬で地元の方々と一緒に「飯寿司づくり」♪ <えりもの旅”後編”>

宏一郎です!
『えりも岬ふれあいの旅』の2日目。
前の日に腹一杯美味しいモノを頂き、遅くまで飲んでしまったので、
頑張って早起きしてえりも岬の周辺を30分くらいジョギング!!
まだ暗い海に浮かぶイカ釣り船、灯台の明かり、真っ赤な朝焼け、そしてスゴイ風!
短時間でしたが、バッチリ、えりもの朝を満喫できました♪
2日目のメインイベントは「鮭の飯寿司づくり」!
今年で3回目となるこのイベントは、
「自分で作った飯寿司で正月を迎えられるなんて、本当に幸せ!」と、
3年連続で参加される方もいる素晴らしいイベントです(ボクは去年行けずに2回目)。
先生はえりも漁協女性部の川村光代さん! 茶目っ気タップリの素敵なかあさんデス!!
川村光代先生
「えりも地域力発掘協議会」のみなさんが朝早くから一生懸命準備して下さっていて、
笹の葉洗い 調味料量り
会場も、材料もしっかり準備されていました。( ↓ これで鮭2尾分。一斗樽にちょうどくらい)
飯寿司材料
.
まずはひたすら大根、人参、しょうがを刻み、
野菜刻み
3枚におろされている鮭を一口大にブツ切りにします。
氷頭(ひず)の部分も背骨のトコロも出刃やハサミで。。。
鮭をブツ切り
漬け込む材料が全部そろったらこんなカンジ!
漬け込む前の材料全部
ここでいったん休憩♪  お茶請けは「三石羊羹」~優しい甘さがウレシイ!!
三石羊羹
.
いよいよ樽に漬け込み開始!! 
川村光代先生が漬け込み方の見本を説明してくれて、各樽で自分たちでスタート!
川村先生漬け込み指導
ベテラン組は、カッコイイ木樽に漬けていました♪
木樽
「鮭の飯寿司」がそれぞれ漬け終わったあとに、みんなで「タコの飯寿司」づくりも!
タコ飯寿司づくり
.
頑張って作った「鮭の飯寿司」は、
重石を徐々にに多くしていったり、出てきた水を捨てたり、
最後はひっくり返して重石をかけたりと、丁寧に育てて食べごろは40日後♪
昔からの知恵、美味しいものを食べるための手間暇を味わうイイ時間でした。
午前中いっぱいかかって「飯寿司作り」が終わったあとは、
お楽しみの『短角牛コロッケカレー』!(^_^)!
短角牛カレー
これがまたメチャ美味しかった! ほとんどの人がオカワリしてました♪
最後に、
川村さん、高橋さん、三戸さん、佐藤さん(えりものブランド鮭”銀聖”の仕掛け人)から、
「飯寿司」のお世話の仕方などを教えて頂き、
佐藤さんが取り上げられたTV番組「地球号食堂」のビデオを見せて頂いて、
今回の1泊2日のえりも岬での交流の旅は全工程終了!
4人の説明
.
本当に充実の2日間でした♪
ボクらは漬けた樽を高橋さんにお預けしてきたので、
美味しく仕上がった「飯寿司」を40日後に送って頂くことになっています。
今からスンゴイ楽しみ!!
何度行っても、温かく、楽しい交流で迎えてくれるえりも町 ~イイトコです!(^_^)!
  
 
.
.
banner_02.gif ←今日も読んで頂いてありがとうございます♪
◆北海道の体験型観光プログラムの検索・予約サイト →「北海道体験.com」はココから
◆「北海道体験.com」の会員になって、
体験プログラムの申し込みを下さった方の100人に1人に、
体験料金の全額をキャッシュバックさせて頂くキャンペーンも継続中です♪ 
詳しくはこちらから!
◆「体験談」を書いて3000円分の体験ができる体験チケットをゲット!→ 詳しくはこちらから!