ジャンプ最高♪♪~体験レポート「スノーシューダウンヒル」

コミィです♪
ニセコでスノーシューダウンヒルを体験してきた、川崎市のS.Aさんより体験レポートが届きました!
今シーズンはまだ1回しか雪の中で遊んでいない私は、
読んでいてゲレンデに行きたくなってしまいましたぁ~(*^-^)ノ
S.Aさんのとっても楽しげな体験レポートはココから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
夫はスノボー、私はスキーでよく雪山に行く私たち。
けれど、それ以外のものでスキー場に立ったことがなかったので、
おっかなびっくりドキドキワクワクスノーシューツアーに申し込みました。
当日は少し吹雪いていましたが、張り切ってる私たちにはなんのその。
ガイドのニワさんと会い、私は長靴に履き替え、夫はスノボーの靴でスノーシューを手に持ち
ゴンドラに乗り込みました。
頂上でスノーシューに履き替えましたが、想像より軽くてびっくり
アルミでできていて、動きやすいようにかかとも固定されていないのでちょっと頼りない感も・・・
歩き始めると、足が軽い割にはきちんと固定さているので動きやすくてさくさくと進みました。
スキー場を滑るのではなく歩くのは初めてだったので少し緊張。
横で滑ってる人たちがとっても早く感じました。
少し下って、スキー場に張ってあるロープの外へ出ました。
スキー場管理外地域なので、初めて踏み込む場所でしたが、
ニワさんと一緒なので安心して未知の世界へ。
そして、いよいよスノーシューの醍醐味、ふかふか雪を歩き下る!の開始です。
IMGP2975_R.jpg
スノーシューはカンジキみたいに面積が広いのでふかふか雪の上を踏み込んでも
そんなにズボっとハマルことはありません。
ちょっとした斜面ではストックをつかって軽く滑ってみたり、
わ~っと斜面を駆け下りてみたり。  自由自在に動き回れるのは面白いです。
滑っても転んでもふっかりとした雪が受け止めてくれるので安心!
なんといっても、一番興奮したのは高いところからジャンプするときです!
これは子供に帰ったようにはしゃいじゃいました。
スキーでジャンプするときはスキー場なので下の雪は固いので失敗するととっても痛いのです。
でも今回は降り積もったままの雪の上にジャンプ♪なので、
お尻から落ちたとしても、ふわっふわの雪にそのまま包まれる感じで着地できるので
ちょっと気持ち良かったりもしました。
これはクセになります。
ジャンプできるところを捜し求めて、斜面をひ~ひ~いいながら登ったりしてまで飛んでました。
も~、何も考えずにはしゃぎまわってしまいました。
IMGP2986_R.jpg
夫も最初はおっかなびっくりだったのが、最後の方には次第に大胆になり飛んでました。
斜面を過ぎて林の中を歩いていくのも初めての体験でした。
ニワさんから自然の話を聞いてそのメカニズムの合理性に感動
しんとした林の中をさくさくと進んでいると、
人間も自然の一部なんだなあ、と感じ雄大な気持ちになりました。
林の中でニワさんがスコップで雪の上にテーブルと椅子を用意してくれました。
ドラえもんのポケットのようにリュックから次々とガスバーナーやヤカンなどを取り出し、
手際よく火を作り、お水を沸騰させて紅茶を作ってくれました。
手作りクッキーと温かい紅茶は身体をじんわり緩めてくれました。
私たちがお茶をしてるとオージーの家族が滑ってきて、
「オーカーイ?オーカーイ?」と話しかけられました。
ナニゴト?と意味がわからないでいたら、「OK?」って意味だったそうです。
オージー訛りだったのです(笑)
そこから下山してゴンドラ乗り場に着くと、「人間界に戻ってきた」って感じがしました。
おかげさまで大自然を満喫できた楽しい時間でした。
スキー場ではない雪山を体験できたというのがとっても貴重でした。
また是非スノーシューを履いて山を楽しみたいです。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
スノーシューを履いて、無邪気に雪の上を飛び回りたい~♪♪
オージーとのエピソードはニセコならではといった感じがしますネ(^-^)
S.Aさん、是非また北海道のふかふか雪でスノーシュー遊びをしに来てください!
レポートありがとうございました!
★S.Aさんが体験したプログラムの詳細&お申込みはコチラから
★S.Aさんがガイドしてもらったニセコアウトドアセンターさんのプログラム一覧はコチラから
☆『北海道体験.com』では、皆様からの体験談をお待ちしております!☆
banner_02.gif←今日も読んで頂いてありがとうございます♪“ポチッ”とよろしくお願いしますm(_ _)m
みなさんの『北海道体験.com』への会員登録もお待ちしています♪

大きすぎ!?~体験レポート「陶芸 オリジナル作品つくり」

コミィです☆
雪まつりが始まって、札幌はとても賑やかですヾ(^▽^)ノ♪
早いもので、無料体験モニター当選者の発表から1か月・・・
2月に予約が集中していますので、今後も体験レポートをドンドンお届しますよっp(^-^)q
本日は札幌市にお住まいのS.Nさんから
ご夫婦で仲良く体験された陶芸作りのレポートが届きました♪S.Nさん、ありがとうございます!
S.Nさんの体験レポートはココから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
陶芸体験 オリジナル作品制作コース@皆空窯」モニターに当選し、参加してきました♪
もともと陶器が好きで、気に入ったものがあれば集めたりしている私。
是非自分でも作ってみたいと思っていたので、モニターに応募し、見事当選しちゃいました♪
倉本聡さんの「優しい時間」というドラマの舞台にもなったということで、
どんな雰囲気なんだろう・・・とドキドキしながら、旦那さんと2人で工房のある美瑛・白金温泉へ。
 
工房は鮮やかな黄色で、とってもかわいい!
DSCF2641_R.jpg
中に入ると、講師の若いお兄さんが迎えてくれました。
そして、1Kgの粘土を使って、旦那さんはコーヒーカップを、私は大皿を作ることに。
まずは、お皿の底を丁度いい大きさに作ります。
DSCF2623_R.jpg
そして粘土を紐状に伸ばし、お皿の底に巻きつけて側面を作っていきます。
一巻きする毎にすこーしずつ形になっていくのが嬉しい^^
きれいなお皿を作りたくて、隙間ができないように指でならすのに夢中になり、
つい無口になってしまいます。
DSCF2625_R.jpg
ちなみに、この土は愛知県瀬戸市から取り寄せているそうです。
十分な高さになったら、縁を切り、切り口を滑らかに。
DSCF2628_R.jpg
ろくろから切り離して、終了です。
DSCF2637_R.jpg
「煮物がゴロゴロ入れられるような大きなお皿がほしい!」とイメージして作ったら
ずいぶん大きなお皿になっちゃいました。
DSCF2638_R.jpg
釉薬を塗ったらこんな感じの黄色っぽい色に仕上がるようです。
DSCF2639_R.jpg
焼きあげて、自宅に届けていただけるのは1ヶ月~1ヶ月半後くらいとのこと。
送られてくるのが楽しみです♪
私たちが体験している間、皆空窯の代表である南さんも制作中でした。
DSCF2640_R.jpg
電動ろくろを回しながら粘土の形を整えて陶器にしていく様が、
とても洗練されていて美しくて、つい見とれてしまいました♪
敷地内には、皆空窯でつくられた陶器などが購入できるお店もありますよ。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
敷地内のギャラリーは、本当に素敵です!
私も以前うかがった時に、時間を忘れて見入ってしまいました(*^-^*)
陶芸体験は、完成品が届くまでちょっと時間がかかりますが、
その待ち時間もまたワクワクして特別な時間ですよね♪S.Nさん、レポートありがとうございました!
★今回レポートしていただいたプログラムの詳細&お申込みはコチラから
★美瑛・白金温泉にある皆空窯さんのプログラム一覧はコチラから
☆『北海道体験.com』では、皆様からの体験談をお待ちしております!☆
banner_02.gif←今日も読んで頂いてありがとうございます♪“ポチッ”とよろしくお願いしますm(_ _)m
みなさんの『北海道体験.com』への会員登録もお待ちしています♪