のぼった先には・・・☆♪~体験レポート「マウンテンバイク&スノーシュー」

コミィです♪
もう北海道に住んで10年たつのですが、雪道を自転車で走っている人をみると
いまだに「うわっ!スゴイ・・・(@@!!」と思います。(もちろん私にはできません!!)
今回届いた体験レポートは、
雪に覆われた山林をマウンテンバイクに乗って楽しむという、道内でも珍しいプログラム。
体験してきたのは、兵庫県神戸市にお住まいのK.Kさんです!
K.Kさんからの感動的な体験レポートはココから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<冬の釧路湿原マウンテンバイク&スノーシュー>にトライしてきました!
当初、ひとり参加のつもりが、横浜からほぼ40年来の友人が急ぎ加わり、熟年のプログラムとなりました。
塘路駅で30分ほどのレクチャーを受け、いざ出発。
後でよくよく聞くと、ガイドの沢田さん、飲み込みの悪さにちょっと不安になったよう。
私たちの行く手にあるのは、猟にはいった車の轍と、エゾシカやウサギの足跡だけ。
MTBはその轍を読んでバランスをとりながら進みます。
IMG_0007_R.jpg
UPで息があがった時は、ゆっくり押して。
DOUN HILLの時は、沢田さんの薫陶よろしきを得て手足をウ~~~ンとのばしてお尻を後方に。
鳥になったように風に乗るのです!
IMG_0026_R.jpg
ここらでちょっとバイクは一休み。
スノーシューに履き替えて、夢ヶ丘展望台の頂上を目指します。
IMG_0033_R.jpg
ある日ふとしたことで夢が実現することがあるもので、私の積年の道東への憧れは
モニターをきっかけに思いもよらぬ形でスタートをきりました。
ご褒美の展望は、息をのむほどの雄大さでした。
雄阿寒岳・雌阿寒岳・遠く斜里岳を望み知床に連なる峰々は白く化粧して
冬枯れの湿原とともに、私たちを迎えてくれました。
IMG_0047_R.jpg
”なりたい自分になる”とは、どこかのキャッチフレーズではないけれど、
これからも、またトライする心をもって北海道に帰ってきたいと思ったものです。もちろん、友人も。
MTBを心から愛してやまないガイドの沢田さんは、人のいない自然のどまんなかに
そっと私たちを案内してくれる。
また、初夏の緑に染まって風になりたいと思い始めました。
今度は主人をさそってネ♪
IMG_0060_R.jpg
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
”ご褒美”の景色、本当にすばらしかったんでしょうね(^-^) お二人ともとってもステキな笑顔です♪
K.Kさん、是非また北海道へ帰ってきてくださいネ~!!レポートありがとうございました!
★今回レポートしていただきました「~初心者でも楽しめる~冬の釧路湿原マウンテンバイク&スノーシュー(半日コース)」詳細&お申込みはコチラから
釧路湿原MTBクラブ・ガイドツアー 沢田さんのプログラム一覧はコチラから
☆『北海道体験.com』では、皆様からの体験談をお待ちしております!☆
banner_02.gif←今日も読んで頂いてありがとうございます♪“ポチッ”とよろしくお願いしますm(_ _)m
みなさんの『北海道体験.com』への会員登録もお待ちしています♪

大いに悩む。また悩む。そして陶芸中毒!?~体験レポート「手びねり陶芸体験+ランチ」

コミィです★
2月に入り、冬本番中♪といったところですね(^-^)/
さて、本日は胆振の白老町で陶芸体験を楽しんできた
苫小牧市にお住まいのH.Kさんから体験レポートが届きました!H.Kさんありがとうございます♪
愉しげに”悩める”姿が目に浮かんできて・・・微笑ましいレポートです!
苫小牧市のH.Kさんの体験レポートはココから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
小学生のときに、紙粘土で花瓶とか作った事がありませんか?
それから数十年(?)経った今、大人になってどれだけ形になるものが出来るか・・・そんなわけで陶芸にチャレンジしてきました!
実は今回の体験先の『はしもと陶芸』さんの近くは何度も通っておりました。
『いつかあそこで陶芸をやってみよう』・・・と思うこと数年後、本当に軽い気持ちで応募したモニターに当たってしまい、びっくりです。
ついに、陶芸のチャンスが私にもやって来た!
ハイ、これは行くしか無いでしょう。
・・・体験後の感想文は、後で夏休みの宿題のように自分の文才の無さに泣きながら書くことに決定(^^;)
さて、体験当日。
場所は国道36号線沿いなのでとてもわかり易いです。
周りには温泉もあるので帰りにひとっ風呂もいいかも。
話を戻しまして・・・
到着後、今日の「陶芸の先生」吉田さんにご挨拶をしてからエプロンをつけて陶芸体験スタートです。
まずはマグカップ・小鉢・盛り皿などの数点の中から何を作るか決めます。
はっきり言って、全部作りたい・・・ここで大いに悩むこと「その1」
紆余曲折(?)の末、私は盛り鉢、夫は小鉢にすることにしました。
ついに粘土とご対面です。
筒状になった粘土をペタペタと角を取って丸い形にしてろくろの中心に置いていきます。
%E7%B2%98%E5%9C%9F_R.jpg
そして、ろくろをまわしながら外側を整形させて~手を中に入れて少しずつおわん状に整形して~
ヘラと皮で表面を滑らかにして~
%E3%83%98%E3%83%A9%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%95%B4%E5%BD%A2%E4%B8%AD_R.jpg 上部を切り取ってひとまず完成です!
%E4%B8%8A%E9%83%A8%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88_R.jpg
わからないところも吉田さんが丁寧に教えてくれるので、初心者の私でもちゃんと形になりました。
%E6%95%B4%E5%BD%A2%E7%B5%82%E4%BA%86_R.jpg
あとは鉢に塗る釉薬を選ぶだけなのですが、いろいろな色があって・・・ここでも大きく悩むこと「その2」
%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%AB%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%8B_R.jpg
その後の鉢のいとじり部分等の細かい処理は、はしもと陶芸さんでやってくれるので安心。
あとは出来上がりの連絡を待つだけです♪
陶芸の後のランチですが・・・陶芸体験を熱く語りすぎてしまったのでここはサックリと紹介。
陶芸館なのでお皿も手作りのお皿が出てくるんですが、
水の入ったコップもガラスではなくかわい陶器↓
P1180023_R.jpg
ワンプレートランチもボリュームたっぷりで、しかも美味しい!
P1180027_R.jpg
食後のコーヒーも美味しくて、夫が絶賛してました。  P1180028_R.jpg
まだ今回作成した鉢も出来上がっていないのに、次回は電動ろくろに挑戦しよう!
・・・そう心に誓っている私は陶芸中毒になりかけているのでしょうか?(笑)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
想像よりもずっと奥の深い体験だったようですね!
H.Kさん、すっかりハマってしまった楽しいレポートをありがとうございました♪
★今回紹介しました「手びねり陶芸体験+ワンプレートランチ」の詳細&お申込みはコチラから
★「体験工房メルヘン村はしもと陶芸館」さんのプログラム一覧はコチラから
☆『北海道体験.com』では、皆様からの体験談をお待ちしております!☆
banner_02.gif←今日も読んで頂いてありがとうございます♪“ポチッ”とよろしくお願いしますm(_ _)m
みなさんの『北海道体験.com』への会員登録もお待ちしています♪

釧路川源流カヌー体験♪~神秘的な美しさをどうぞ~

こんにちは、ナオキです
いよいよ!道東、屈斜路湖のアトレーユさんでのカヌー体験です!
今回はビジュアルでお送りします♪(次回は映像でお送りします)
早朝6時30分、気温は-20℃以下・・・屈斜路湖畔は夜明けを迎えます
%E5%B1%88%E6%96%9C%E8%B7%AF%E6%B9%96%E7%95%94.jpg
湖畔に打ち寄せる氷の上に出来る霜
%E6%B0%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E9%9C%9C.jpg
まるで生き物のように、次々と生まれてきます
ドライスーツを着こんで、さあ出発です!
%E5%87%BA%E7%99%BA.jpg
ガイドさん同乗で操作してくれるので、僕は心ゆくまで美しさを堪能できます♪
美しい霧氷は、いたるところに見られます
%E9%9C%A7%E6%B0%B7.jpg
ゆっくりと夜が明けてきます
%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91.jpg
神秘的な美しさは、感動を通り越して無の境地に・・・
%E5%B9%BB%E6%83%B3%E2%91%A0.jpg%E5%B9%BB%E6%83%B3%E2%91%A1.jpg%E5%B9%BB%E6%83%B3%E2%91%A2.jpg
朝日が水面に反射してキラキラの中をカヌーはすすみます
%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%A8%E6%B0%B4%E9%9D%A2.jpg
極寒の冬だから、早朝だから、カヌーでしか得られない感動体験の数々・・・
アトレーユさん!心震える素敵な体験をありがとうございました♪
%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%81%A8%E5%83%95.jpg
終わったとたん、正気に戻った体は寒さで動きません・・・・
無理いって早朝からガイドして頂きまして、ありがとうございました!!!
アトレーユさんも「長年ガイドしてますが、今日が一番美しかった」そうです
本当にラッキーです♪
★次回は映像特集です★
banner_02.gif←今日も読んで頂いてありがとうございます♪ 
 
みなさんの『北海道体験.com』への会員登録もお待ちしています♪