栗城史多(のぶかず)さん~アラスカ大陸最高峰ビンソンマシフ登頂成功!!

LINEで送る
Pocket

宏一郎です!!
ただいま素晴らしいニュースがはいりました!!
ずっと応援させてもらっている登山家、栗城史多さんが、日本時間の今朝2:57に、
彼にとっての6大陸目の南極大陸最高峰、ビンソンマシフの登頂に成功したと!!!
   → 栗城さんのニュースはこちらから
スゴイ!(^_^)!
単独で、世界7大陸の登頂を目指す栗城さんは、
これで6大陸を制覇! あとはエベレストを残すのみとなったのデス。
それもエベレストも無酸素で挑戦するとのこと。。。
北海道の今金町出身の25歳の栗城さん ~まさに北海道の「宝物」
彼のハナシを聞くたびに、頑固なまでに「やれないことにやれるまで挑戦すること」のスゴサ、勇気をもらえます。 今回も本当に・・・ありがとう!!
5220369f-s.jpg  (写真は栗城さんの上記のサイトからお借りしました)
あまりにウレシクて速報でご紹介させて頂きました♪
★<53組106名の無料体験モニター募集は締め切りまであと8日!> まだまだご応募の少ないプログラムも・・・(;_;) ご応募お待ちしています! ~詳しくはこちらをご覧下さい!★
banner_02.gif←今日も読んで頂いてありがとうございます♪  ブログランキングアップへの応援、“ポチッ”とよろしくお願いしますm(_ _)m
みなさんの『北海道体験.com』への会員登録もお待ちしていま~す♪

「栗城史多(のぶかず)さん~アラスカ大陸最高峰ビンソンマシフ登頂成功!!」への4件のフィードバック

  1. 「アラスカ大陸」という大陸はありませんよ。ビンソンマシフは「南極大陸最高峰」。
    エベレスト以外の6大陸最高峰はもともと酸素ボンベは必要ない山です。つまり「無酸素登山」というのはあたりまえで酸素を使って登るひとなんぞいませんので今後は表現を変えた方がいいと思います。
    しかしエベレストだけは別格。酸素ボンベを使わずに登れればたいしたものなのです。無酸素登山を成功させた日本人は6人だけ。うち2人は下山中死亡。その他に挑戦して亡くなった人が1人。途中で意識不明になってレスキューされた人が2人。
    つまり、登頂失敗は死亡するか、レスキューされるということです。単独登山だとレスキューはあきらめないとなりません。つまり「成功」か「死亡」かの結果が待っていることになります。
    エベレスト無酸素登山は医学的にも限りない高いリスクがあることが広く知られたので今では挑戦する人はほとんどいません。
    これは努力や経験で解決できるものではなく先天的な遺伝子レベルの素質で決まるといってもいいものです。
    それにあえて挑戦しようとする栗城さんは真の冒険家ですよ!

  2. 北のやまなみさま!
    ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m
    即、修正いたしました~。何を勘違いしたのかアラスカ大陸って・・・恥ずかしいデス。
    最後のエベレスト、登頂成功するように祈りたいと思います!!

コメントは停止中です。