ミニランプ作ってきました~小樽でステンドグラス体験♪

こんにちは、編集部の物作り係コミィです
季節は芸術の秋・・・という事で、今日はステンドグラスでミニランプ作りに挑戦です☆
DSC00259.JPG
↑今回作った完成品です♪(台座は既製品ですが、体験料金に含んでいます)
伺ったのは小樽ガス燈さん
JR南小樽駅からメルヘン交差点に向かって坂を下った右手にあります。
image1-1.jpg
ここは全国的にも珍しい、体験ができるステンドグラスの工房。
教えてくださる清野さんは、教会などからもステンドグラスの注文を受けている作家さんですが、
とっても気さくで、鼻うたを歌いながら楽しそうに教えてくださる先生です。
今回のミニランプ作りは約3時間、10,500円の体験です。
私にとって初のステンドグラス体験は、思いがけずステキな作品が完成して感激したのと同時に、”ハンダ”の天才的な活躍っぷりに驚かされたのでした・・・
下記に体験の流れを簡単に紹介します
①色選び
既にガラスはカットして用意されていますので、好きな色を選びます
(今回のランプはピンク系とブルー系が用意されていました)
②銅テープ貼り
使用する全てのガラスの側面(厚さ2mmくらでしょうか)に銅のテープを巻いていきます。
P1030240_R.jpg
先生が見本を見せてくれます
今回作るランプのデザインは、1面が5枚のガラスパーツで出来ています。
4面体のランプだから5枚×4面で合計20枚のガラスを使うのですが、この20枚全てにテープを巻いていくワケで、細かい作業なので結構時間がかかります。
でも、ここで丁寧にやっておくと仕上がりがダンゼン違うので真剣に!
P1030247_R.jpg
③ハンダ付け
そして、ここからハンダの出番!
実は私はハンダという物をこの日、初めて見ました。
「ステンドグラス」といえば「ハンダ」というくらい、よく耳にしていましたが、正体を知りませんでした
(ご存知の方も多いことと思いますが・・・ハンダとは合金です)
極太の針金といった様相のハンダは、コテによって融かされ、銅テープの上にのせると冷めて固まり、ガラス同志を接着させてしまうスゴイヤツなのです。
P1030264_R.jpg
その早業ったら驚きでした。
しかもガラスとガラスの間に大きな隙間があったって、ハンダをたっぷり落とせば穴が埋まっていく・・・
これはハンダマジック!
あっという間に5枚のガラスパーツは1枚の板となったのでした
P1030268_R.jpg
④カタチ作り
そして次はこの4枚の板を立体的(四角)に組み立てます
もちろん、ここでもハンダが大活躍
DSC00150_R.jpg
↑板と板の間にハンダを乗せて接着します
⑤仕上げ
DSC00159_R.jpg
このままでも十分ステキだと思うのですが、
ハンダは時間がたつと、くすんできてしまうそうなので
薬品を使ってハンダをアンティーク調に黒くしたら完成です♪
 
DSC00202_R.jpg
ガラスって透明感があって涼しげなのに、光を通すと柔らかい雰囲気になるから不思議でよね~
夜が長くなるこれからの季節も、お部屋を暖かく灯してくれそうなランプです♪
今回作ったミニランプは、結構本格的なステンドグラス体験でしたが、
お時間のない方やもっと気軽に体験したい方には、コースターや「おやすみランプ」がおすすめです!
★小樽ガス燈さんでのステンドグラス体験の詳細・お申込みは→→こちらです!
他にもトンボ玉でストラップ作りサンドブラスト体験もできます
※完成品は割れないように包装してくれるので、持ち帰りOKです(別途有料で発送もしてくださいます)。

冬の体験プログラムのお申込みについて

冬の体験プログラムをお探しの皆様へ
冬のプログラムについて、たくさんのお問合わせありがとうございます。
『北海道体験.com』では、今シーズンの冬プランが確定したプログラムから順次受付を開始しております。
まだ準備中のプログラムには、下記の例のように【期間外プログラム】と
表記しております。

kikangai.JPG
この表記があるプログラムの掲載内容は【昨シーズンのプログラム】で、今シーズンは内容や料金に多少の変更が発生する可能性がございます。
今シーズンの詳細が決定次第、内容を更新いたします。
また、【期間外プログラム】表記があるプログラムに「ぜひ参加したい!」「いつから申込みできるの?」など、ご希望やお問い合わせなどがございました際には、お気軽に北海道体験.com編集部までご連絡ください。詳細が決定次第、ご連絡いたします。
★メールか電話で相談・お問合せはココをクリック★

★・★・・新着情報!お申込受付中の冬のプログラム(11/27更新)・・★・★


アイスバーで氷のマイグラス作りカウンターも椅子も全て氷でつくられた”アイスバー”で氷のマイグラス作り体験!(然別湖ネイチャーセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
ニセコのゲレンデでのスキーの楽しみ方を教えてもらえる♪(あるくアウトドアスポーツさん)
 → 詳細はコチラ!
冬の旭山動物園札幌発着バスで楽々♪人気の旭山動物園へ行こう!(グッドスポーツさん)
 → 詳細はコチラ!
流氷・スノーシュー・動物ウォッチングまで知床を丸一日楽しむプログラム!(知床ネイチャーオフィスさん)
 → 詳細はコチラ!
冬のサイクリングMTBツアー冬だって開催します♪スパイクタイヤで雪道も走ります!(サイクリングフロンティア北海道さん)
 → 詳細はコチラ!
旭川近郊で楽しめる犬ぞりツアー♪元気なワンちゃん達と一緒に雪原を走り抜けよう!(ムーンライトレディースさん)
 → 詳細はコチラ!
冬のブルーリバー息をのむほどの美しさ!冬の美しい景色を写真におさめるならコレ!(美瑛・白金ネイチャークラブさん)
 → 詳細はコチラ!
※シェアツアー(貸切ではないツアー)も開催しています
十勝川沿いの白鳥飛来地ではウィンターアクティビティも勢ぞろいしました♪(十勝ネイチャーセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
北海道ならではの雪中乗馬♪乗馬以外の楽しいアクティビティもぜひ体験してください!(WWRCワイルドウエストライダースクラブさん)
 → 詳細はコチラ!
 
冬の摩周湖道東・冬の大パノラマへ!澄んだ水をたたえる摩周湖にも行けます♪(River&Fieldさん)
 → 詳細はコチラ!
今年も人気集中の予感!?サホロ湖でアイスフィッシング(TOM十勝アウトドアメイツさん)
 → 詳細はコチラ!
南富良野犬ぞり今年も注目間違いなし!犬ぞりピクニック★特製ランチも楽しみです♪(アウトライダーさん)
 → 詳細はコチラ!
札幌中心部からの無料送迎が嬉しい♪札幌市内でスノーモービル(スノーモビルランドサッポロさん)
 → 詳細はコチラ!
知床ウトロ流氷ウォーク知床の冬といえばコレ!流氷ウォーク(SHINRAさん)
 → 詳細はコチラ!
冬の朝だけの出会い・・・自然の不思議と美しい景色を!!(ウッキーズさん)
 → 詳細はコチラ!
オホーツク沖の流氷知床・網走など冬のオホーツクエリアを満喫したいならコレ!(いいたび@オホーツクさん)
 → 詳細はコチラ!
極上のパウダースノーをお求めの方に!キロロ周辺でバックカントリーツアー(北海道バックカントリーガイズさん)
 → 詳細はコチラ!
しのつ湖ワカサギ釣り札幌駅集合・解散が嬉しい♪札幌近郊でワカサギ釣り(ゆっくりずむ北海道さん)
 → 詳細はコチラ!
テイネを滑りつくすなら!(三浦雄一郎&スノードルフィンスキースクールさん)
 → 詳細はコチラ!
ニセコの新雪を気軽に楽しむ!スノーシューツアー☆ウェアのレンタルもあります(ニセコアウトドアスクールさん)
 → 詳細はコチラ!
※スキーやスノーボードレッスン、オフピステコースのガイドプログラムもあります!
スキーシュー屈斜路ガイドステーションわっかスノーシューより早く、歩くスキーより小回りが利く”スキーシュー”を体験!(屈斜路ガイドステーションわっかさん)
 → 詳細はコチラ
※お子様もご参加OKのスノーシュープログラムもあります
南富良野で幻想的な体験を!月明かりで楽しむ夜のスノーシューツアー(CAFE&RESTAURANTたるきぃとなさん)
 → 詳細はコチラ!
大滝ニョロニョロ冬の大人気プログラム!今年も開催します♪ニョロニョロ探訪ツアー(大滝アウトドアアドベンチャーズさん)
 → 詳細はコチラ!
道東でゆっくりバードウォッチング2泊3日ツアー(ポロト案内舎さん)
 → 詳細はコチラ!
冬の釧路湿原マウンテンバイク冬だってMTB!釧路湿原の絶景が見れます♪(釧路湿原MTBクラブ・ガイドツアーさん)
 → 詳細はコチラ!
夜の静寂を楽しむ☆ニセコでスノーシューツアー(NACニセコアドベンチャーセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
※温泉券付きのバックカントリーツアーも人気です!
テイネハイランド スノーボードレッスンテイネハイランドで滑るなら!スノーボードのレンタル&初心者レッスン(ジャパンレンタルさん)
 → 詳細はコチラ!
プライベートレッスンやスキーレンタル&レッスンもあります!
イグルー作り体験ができる♪(ニセコアウトドアセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
※スノーシューツアーやネイチャースキーツアーも開催しています
ニセコ バックカントリーニセコのパウダーを満喫するならコレ!バックカントリーツアー(ニセコアンヌプリパウダー倶楽部さん)
 → 詳細はコチラ!
釧路空港からの送迎が嬉しい☆丹頂ウォッチングと冬の川下り体験(ひがし北海道アウトドアセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
※川下りだけの1時間プランもあります
網走湖ワカサギ釣りじゃんじゃん釣れます!網走湖でワカサギ釣り(オホーツク自然堂さん)
 → 詳細はコチラ!
寒いからこその感動☆早朝のとびきりステキな景色へご案内(ボレアル・フォレストさん)
 → 詳細はコチラ!
※ガイドさん手作りランチ付の一日ツアーも好評です
冬のニセコ 川下り3歳から参加OK!家族で遊べる冬の川下り(北海道ライオンアドベンチャーさん)
 → 詳細はコチラ!
釧路ならではの冬景色へご案内~車の中から自然観察(自然と遊ぼう!R[アール]さん)
 → 詳細はコチラ!
※スノーシューを着用して雪の中をトレッキングするプログラムも人気です
ニセコ かまくら作りニセコのパウダースノーで楽しむかまくら作り(宿&自然生活体験センター冒険家族さん)
 → 詳細はコチラ!
※自分が作ったかまくらに宿泊するプランもあります☆
釧路・根室エリアをご希望に合わせてガイドします♪ガイドチャータープラン(根室ネイチャーセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
知床羅臼 流氷クルージング生き物の宝庫、羅臼の海をクルーズ(知床ネイチャークルーズさん)
 → 詳細はコチラ!
※一眼レフカメラを持ち込む方のための撮影コースもあります
野付半島の大自然を体感!冬のトレッキング(野付半島ネイチャーセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
石狩 雪原をホーストレッキング広大な雪原を馬で駆け抜ける!(石狩ホーストレックさん)
 → 詳細はコチラ!
札幌近郊で楽しむブリティッシュスタイルの乗馬体験!(フロンテア乗馬クラブさん)
 → 詳細はコチラ!
ニセコいわない キャットツアー圧雪車に乗ってパウダーを楽しむ♪(ニセコいわない国際スキー場さん)
 → 詳細はコチラ!
大沼でバックカントリー!雪の中で楽しむランチ付♪(イクサンダー大沼カヌーハウスさん) → 詳細はコチラ!
 
函館大沼 スノーシューツアー大沼で楽しむ♪看板ガイド犬と行くスノーシューツアー(ネバーランド・ツアーオフィスさん)
 → 詳細はコチラ!
登別で楽しむ迫力のスノーモービル体験(登別オフロードパークさん)
 → 詳細はコチラ!
※経験者限定の上級者コースもあります
富良野 冬の乗馬体験富良野で楽しむ雪原乗馬体験(フラノトレッキングサポート遊馬さん)
 → 詳細はコチラ!
霧多布湿原を歩くスキーで冬の自然体験☆宿泊割引もあります(ペンションポーチさん) → 詳細はコチラ!
 
知床ウトロ 流氷体験知床ならではの流氷を体験☆(知床オプショナルツアーズSOT!さん)
 → 詳細はコチラ!
※凍てついた滝を見にいくスノーシューツアーも人気です!
スノーボードの少人数制レッスン+宿泊パック(旭川ふるさと旅行社さん)
 → 詳細はコチラ!
千歳 パラセーリング雄大な雪景色を上空から!パラセーリング(北海道箱根牧場さん)
 → 詳細はコチラ!
南富良野はアウトドア天国♪雪山をトレッキング(リトル・トリーさん)
 → 詳細はコチラ!
※スノーシューでのピクニックプログラムもあります
十勝のパウダースノー スノーシューダウンヒル十勝のパウダースノーで遊ぶ!スノーシュー体験(TACとかちアドベンチャークラブさん)
 → 詳細はコチラ!
※バックカントリーツアーやお子様も参加できる木登りツアーもあります
雪原での乗馬体験(ウエスタンビレッジサホロさん)
 → 詳細はコチラ!
冬の釧路川 カヌー体験冬の幻想的な景色をカヌーから!(塘路ネイチャーセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
ダッチオーブンランチやワカサギ釣りなど4メニューからお好みのプログラムを組み合わせる一日プランも人気です!(塘路ネイチャーセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
そば打ち+餅つき&こし餡作り体験
年越しは手打ち蕎麦で!餅つき&こし餡作りも体験できます(食彩人さん)
 → 詳細はコチラ!
※餅つき&こし餡作りのみの半日プランもあります
札幌駅集合解散☆札幌周辺で楽しむスノーシューツアー(エコツアーズ札幌さん)
 → 詳細はコチラ!
クリスマスにおすすめ☆陶器でキャンドルスタンド作り(陶芸倶楽部小樽朝里川さん)
 → 詳細はコチラ!
ニセコ スノーモービルニセコでスノーモービル体験(アクア・エクスキュージョンさん)
 → 詳細はコチラ!
ニセコでウィンターラフティング体験(ノーアスクさん)
 → 詳細はコチラ!
ニセコでバックカントリーツアー(ノーアスクさん)
 → 詳細はコチラ!
※初心者の方も気軽にご参加いただけるリフトを使ったプログラム等、他にもバックカントリーツアープログラムあります☆
冬の洞爺湖 有珠山ガイドツアー冬の有珠山火口散策ツアー(洞爺ガイドセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
釧路でタンチョウを観察ツアー(塘路ネイチャーセンターさん)
 → 詳細はコチラ!
 
☆「こんな体験できませんか?」「○○体験のオススメはいつ頃ですか?」など、
ご質問・お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
  
★北海道体験.com編集部へのご質問・お問合せはここをクリック★