大きすぎ!?~体験レポート「陶芸 オリジナル作品つくり」

LINEで送る
Pocket

編集部のコミィです☆
札幌市にお住まいのS.Nさんから
ご夫婦で仲良く体験された陶芸作りのレポートが届きました♪S.Nさん、ありがとうございます!
S.Nさんの体験レポートはココから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
陶芸体験 オリジナル作品制作コース@皆空窯」モニターに当選し、参加してきました♪
もともと陶器が好きで、気に入ったものがあれば集めたりしている私。
是非自分でも作ってみたいと思っていたので、モニターに応募し、見事当選しちゃいました♪
倉本聡さんの「優しい時間」というドラマの舞台にもなったということで、
どんな雰囲気なんだろう・・・とドキドキしながら、旦那さんと2人で工房のある美瑛・白金温泉へ。
 
工房は鮮やかな黄色で、とってもかわいい!
DSCF2641_R.jpg
中に入ると、講師の若いお兄さんが迎えてくれました。
そして、1Kgの粘土を使って、旦那さんはコーヒーカップを、私は大皿を作ることに。
まずは、お皿の底を丁度いい大きさに作ります。
DSCF2623_R.jpg
そして粘土を紐状に伸ばし、お皿の底に巻きつけて側面を作っていきます。
一巻きする毎にすこーしずつ形になっていくのが嬉しい^^
きれいなお皿を作りたくて、隙間ができないように指でならすのに夢中になり、
つい無口になってしまいます。
DSCF2625_R.jpg
ちなみに、この土は愛知県瀬戸市から取り寄せているそうです。
十分な高さになったら、縁を切り、切り口を滑らかに。
DSCF2628_R.jpg
ろくろから切り離して、終了です。
DSCF2637_R.jpg
「煮物がゴロゴロ入れられるような大きなお皿がほしい!」とイメージして作ったら
ずいぶん大きなお皿になっちゃいました。
DSCF2638_R.jpg
釉薬を塗ったらこんな感じの黄色っぽい色に仕上がるようです。
DSCF2639_R.jpg
焼きあげて、自宅に届けていただけるのは1ヶ月~1ヶ月半後くらいとのこと。
送られてくるのが楽しみです♪
私たちが体験している間、皆空窯の代表である南さんも制作中でした。
DSCF2640_R.jpg
電動ろくろを回しながら粘土の形を整えて陶器にしていく様が、
とても洗練されていて美しくて、つい見とれてしまいました♪
敷地内には、皆空窯でつくられた陶器などが購入できるお店もありますよ。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
敷地内のギャラリーは、本当に素敵です!
私も以前うかがった時に、時間を忘れて見入ってしまいました(*^-^*)
陶芸体験は、完成品が届くまでちょっと時間がかかりますが、
その待ち時間もまたワクワクして特別な時間ですよね♪S.Nさん、レポートありがとうございました!
★今回レポートしていただいた、皆空窯さんの「オリジナル作品制作コース」の詳細・お申込みは→→コチラから