クッキングレポート~大豆編

LINEで送る
Pocket

コミィです!
ゆきさん&まりこさんのクッキング体験レポートが届きました!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
1月某日
前回の「ミルククッキング」の時とは打って変わって澄み切った晴天のなか
私(ゆき)とまりこさんは当別町フレンドリーファームさんに、予定時間よりちょっと早めに到着したのでありました。
笑顔で迎えてくださった 佐藤オーナーにまずご挨拶。そこは広くて、新しくて、大きなお家でした。
早速 手を洗ってエプロンを着けて「美と健康の大豆フルコース体験」開始です。
前日から水につけてよーく膨らませてパンパンになった
佐藤さん自家製のたっぷりの有機大豆を
大きなミキサーに4~5回に分けてクリーム状になるまで混ぜます。 
CIMG2100_R.jpg  まさに昔懐かしいバタークリームのような色です。
次に、あまり普通の家庭では見かけないような、大きなステンレスのお鍋に
その全てと大豆を浸してあったお水も入れて、30分ほど木べらで混ぜ続けます。
CIMG2102_R.jpg
今度は、その熱々の大豆を綿の丈夫な濾し袋で濾します。
CIMG2104_R.jpg  熱いので厚手のゴム手袋をしています。
     
ここで 濾した液体が豆乳です。
そばちょこに入れてもらい、まず最初のお味見・・・。
CIMG2105_R.jpg  体にすーっと入っていくような感じです。
甘かったです!
その豆乳を再び大鍋に戻して、またまた加熱します。
この後、海からの宝物「にがり」を3回に分けて入れて、優しく十文字に混ぜます。
CIMG2106_R.jpg
お豆腐を固める木箱も佐藤さんのお手製です。
そこに、また布をひいて先ほどのぽろぽろしたお豆腐をそーっとすくって入れていきます。
CIMG2107_R.jpg CIMG2109_R.jpg
木箱はとっても上手に作ってありました。      ↑お豆腐と液体が分離しているのがわかりますか・・・?
                                  とっても良い香りです。
       
すぐに試食できるようにとザル豆腐も作ってくれました。
CIMG2110_R.jpg 
ペットボトルを重しにして、待つ事 1時間・・・。→→→ CIMG2116_R.jpg
↓こちらは出来立てのザル豆腐です。        薄めの麺つゆで頂きました。
CIMG2112_R.jpg  CIMG2113_R.jpg
試食をしておしゃべりをしている間に、本当にあっという間に
佐藤さんが先ほど出来立ての豆乳を入れて、名物「豆乳鍋」を作ってくださいました。
CIMG2114_R.jpg
上の緑の野菜は水菜です。
具の水菜と孟宗筍となると以外は、ほとんど自家製の越冬野菜だそうです。
これは、馬路村のゆずぽんとたっぷりのしょうがで頂きました。
CIMG2115_R.jpg   温まりましたよ。
その後、初体験の「豆乳風呂」に入り 満足!満足!
CIMG2119_R.jpg
 写真は手だけで失礼します・・・。
お風呂から上がると、今度はデザートが待っていました。
CIMG2120_R.jpg  
これも佐藤さんの特製そばまんじゅうでした。
中のあんこも、もちろん自家製との事・・・。   ふーっつ・・・。  幸せです・・・。
恐れ入りました。 佐藤さん 凄いです。
今回も、地元の人も楽しめるプログラムですので、これもお薦めです!
1日1組というのも何だかもったいないような、ありがたいような・・・?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
体がポカポカになりそうな、冬にぴったりの”フルコース”ですね(^-^)
今回もやっぱり、お腹がすいてきました・・・(^ ^;
★今回体験した大豆フルコースのプログラムの詳細&お申込みはコチラから