インドアなアイラ家が。。。

LINEで送る
Pocket

編集部のコミィです!
当社の社長である鈴木が、普段から親しくしていただいているアイラさん
そうです!FMノースウェーブのDJでもお馴染みの、あのアイラさんです!
そのアイラさんが、先日のゴールデンウィークに『北海道体験.com』からシーカヤックのプログラムを体験してくださいましたヾ(^▽^)ノ♪♪
楽しい体験記が届きましたので、早速紹介します!
アイラさんご一家の小樽・塩谷でのシーカヤック体験記はココから始まります☆
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓
庭で焼き肉する道具すら無い程インドアな我が家が、北海道体験.comというサイトで検索し、体験したのが小樽のシーカヤック
持物に「着替え、タオル」って書いてあるにも拘らず、「あ、どうせちょっと濡れるくらいでしょ」なんて、呑気に構え、家族全員下着の替えを持たずに出発。
渋滞を予想して早めに出発したんだけど、これが意外とすいていて、開始1時間前に小樽の塩谷に到着したものの、コンビニが近くに無いので、忍路まで足を伸ばして、大好きなパン屋「エグビブ」へ。
ところが、この日は午後からの開店。。・゚・(ノД`)
待っていたら、シーカヤックが出来ないので、仕方なくその奥にあった「ハンマーヘッド」というレストランで腹ごしらえ。
air1.jpg
小樽だからウニを使ったパスタや冷麺が豊富だけど、味は普通で値段は高め。
この値段はロケーション代だな。
air2.jpg
昼食をすませ、塩谷のブルーホリックへ。
まず最初に、聞かれたのは「ドライスーツにしますか?それとも若干濡れますが、ドライスーツより軽いのもありますよ」
ドライスーツって、もぐるんじゃあるまいし???
アイラ「結構濡れますか?」
インストラクターさん「はい、染みて来ますね」
パンツを持って来ていないアイラ家。
迷わず、ドライスーツ着用。
air3.jpg 決して忍者はっとり君じゃありません。( ・Д・)
大人はドライスーツがあるけど、子供は無いので、ライフガードだけ。
ミニアイラ、しきりに「ねぇ、パンツ持って来てるよね」と耳元で確認。
私ら、聞こえないふりしてごまかす。
準備運動して、パドルの練習をして早速沖に向って出発。
海に入るや否や、カヌーに水がザッブーン。
「良かったー、ドライスーツで」とほっと胸を撫で下ろす私の横で
「ママー!パンツもびしょびしょ!!!」と叫ぶミニアイラ。
アイラ「大丈夫、着替え持って来てるから」
ミニ 「パンツもある?」
アイラ「無視。。。」
この日は、天気はよかったけど風が強く、波が結構あり、トムソーヤのいかだに乗った気分で漂流しないように必死で漕ぐ私。
それにしても、以前湖で体験したカヌーとは全然違う。
で、気付いた。
シー=海
そりゃー、ワイルドな訳だ。
事の重大さに途中で気付いたけど、もう後戻りは出来ない。
大丈夫か、インドア家族!
が、しかーし
防波堤を抜け、大海原に出ると、そんな不安はぶっとんだ。
磯の香
青く光る海水
ヒトデやウニがすぐそこに見える透明度
こんな身近に、素晴らしい自然があるなんて!
残念ながら、風が強くて青の洞窟までは行けませんでしたが、再チャレンジしたいと思いました。
ミニアイラも、すっかり楽しんだ様子で、帰りの車の中でも
「左 前漕ぎ 右バック」と、インストラクターさんのセリフを口ずさんでいました。(ノーパンで)
これから更に暖かくなりますから、キャンプがてら塩谷でシーカヤックっていいかも。
アウトドア好きな家族の皆様、私達インドア家族を連れて行って下さい。
↑↑ ↑↑ ↑↑ ↑↑ ↑↑
私もかなりインドア派なので、便乗したいですね~(^-^)/
でも、きっと、インドアの人こそ、こうやってガイドさんと一緒に体験できるプログラムは安心できて良いですよね!
アイラさんのブログ(オリジナル版)はコチラからご覧いただけます♪
★BLUE HOLICさんの青の洞窟ツアーの詳細・お申込みは→→コチラから!