知床 まる一日満喫の巻~K.Nさんの体験レポート第二弾

LINEで送る
Pocket

編集部のコミィです!
北海道旅行を満喫中の東京都にお住まいのK.Nさん。
「流氷の東オホーツク かーなり満喫の巻」につづき、今回は「冬の知床を満喫の巻」です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
知床にて、冬の楽しみを満喫!
午前中はスノーシュー、午後は流氷ウォーク、と欲張りツアーに参加しました。
●午前の部●
スノーシューで、雪の上をサクサク歩いてフレペの滝を見に行きました。
ガイドさんは、熊対策もマスターしているアウトドアのプロ。
安心して森の散策路を進みました。
・鹿が増えて木の皮を食べて枯らしてしまう被害が増えていること
・木を鹿から守る方法
・落ちている糞から何の動物がいる
などなど、ネイチャーガイドして頂きながら奥地へと進んでいきました。
さすが自然相手のプロ。感心!
途中、エゾ鹿の大群も発見。
2,300m先の丘の上を、鹿の大群が左から右へ走っていく姿は、
NHKの大河ドラマで馬が駆け抜けるような、
モンゴルかアフリカの草原を動物が駆け抜けるような、
とーっても壮大な光景!
IMGP0073_R.jpg
さらに、熊の足あとを発見したり!
足あと、タバコと比較すると、、、
IMGP0087_R.jpg  でかい・・・
氷った滝と、氷が浮かぶ海を眺め、ちょっとひと時。
                    IMGP0079_R.jpg
鹿くんたちも記念撮影してあげて、出発地点へと戻りました。
車で場所を移動して昼食。
雪上に机を並べ、遠くの流氷を眺めながら、ワイン片手にチーズフォンデュ。
んー、とーっても優雅です。 ちょっとセレブな気分。
IMGP0091_R.jpg IMGP0095_R.jpg
IMGP0098_R.jpg  んー贅沢!!
●午後の部●
まずは落ちてもいいようにドライスーツに着替える。
体ぴっちり!
気温も高いので、やや暑い。。。
海岸線へ向かうと、、、
流氷びっしり!!
IMGP0101_R.jpg
早速、海、というか氷の上へ。
ところどころ裂け目があったり薄く海が透けるところがあるものの、いたって頑丈。
やや沖まで歩き、大きな氷の塊の上に登りポーズ。
IMGP0108_R.jpg
近くにはダイビングする人が開けた穴もある。
中を覗くと、、海底がくっきり!クラゲもいる。 残念ながらクリオネは発見できず。
さらに奥へ行く。
ここからが本番。
裂け目が多少ある地帯。
大きな塊が多数浮いていて、間の海水が弱めに固まっているところです。
第一ラウンド★
ガイドさんがこんなかんじ、と、島を渡るかんじでぴょんぴょん飛んで周囲を一周。
続く俺ら。
落ちても大丈夫…??と、ややビビりな俺。
無事海に落ちずにクリア。
第二ラウンド★
穴があるところの淵に4人並び、
「いっせーのせっ!」とジャンプ。
もう一回!ジャンプ。 バキッ!!
氷が裂け、端の人が海へ落下。
第三ラウンド★
大きな氷の塊の上に乗り、右、左とバランスを取りながら揺らす。
だんだん滑って、、、俺、遂に落下。
海、意外と冷たくなかったです。
IMGP0112_R.jpg
トドのように這いつくばってまた流氷の上に登りリベンジ。
IMGP0113_R.jpg
で、もう落ちても大丈夫という安心感から自分の歯止めがなくなりました!
猿かウサギのように、海に漂う流氷を飛んで渡ったり
ラッコのように、海に浮かび小さい流氷にへばりついてみたり
やりたい放題。
IMGP0110_R.jpg
2時間近く、流氷の上で飛んだり跳ねたり泳いだり、遊びまくりました。
いい全身運動です。
いつの間にか、俺らいたところは大きな穴に。
流氷を破壊しまくりました。。。
でも、自然のものだから、誰にも何も怒られない。
今年初の海水浴!? 流氷ウォーク、最高~!!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
思わぬところで海開きしてしまったようですね・・・(^-^) スゴク楽しそう~♪
セレブなチーズフォンデュも魅力的ですね♪
★K.Nさんが体験した、知床アウトドアガイドセンターさんの「冬のおまかせ一日ツアー」の詳細・お申込みは→→こちらから!
★次回十勝に移動しての「十勝でファームイン♪トコトンゆったりするの巻」はコチラから★