流氷の東オホーツク かーなり満喫の巻♪~K.Nさんの体験レポート第一弾

LINEで送る
Pocket

編集部のコミィです(^-^)/
東京都にお住まいのK.Nさんから体験レポートが届きました。
K.Nさんは、北海道に長期(2週間くらいでしょうか・・・?)ご滞在中に、
たくさんの体験をされたようです!
第一弾は「流氷の東オホーツク かーなり満喫の巻」です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
完全プライベートという名にふさわしく、とーっても満足のツアーでした。
予約をしてすぐ、どんなことがしたいか、どんなプランがいいか相談の電話を下さいました。
「流氷が見たい、とにかく乗ってみたい、普通の観光地ではないところに行きたい」
今回の希望はこれだけでした。
その後、メールでプランの提案。
「とにかく、流氷をとことん見てもらいます!」
期待!わくわくです!
当日。
朝9時前、女満別空港まで迎えに来ていただきました。
丸1日車に乗せてもらい案内して下さったのは、
横浜から3年前に移住してきた、いいたび@オホーツクの佐々木さん
都内から来た自分にとって妙な親近感もありつつ、さすが地元在住の方。
普通の観光では味わえない楽しみかたをいっぱい×2 教えて頂きました!
まずは女満別に程近い「メルヘンの丘」へ。
国道沿いの単なる農地ですが、絵になる風景ということで、まずは撮影。
IMGP0001_R.jpg
そして、網走監獄の目の前をそのまま素通りして網走市街へ。
市街地や街の作りを車内で教えていただきながら、能取岬へ。
岬近くの海辺。
さて、期待の流氷は・・・
ありました!が、薄くて乗るのは厳しい印象。ドライスーツではないので。。。 まずは見学&撮影。
IMGP0004_R.jpg
そして、岬突端。
もう春だからか、雪もあまり積もっていないものの、海岸線には流氷が!
ただ、沖はばっくり海が見えていました。。。
IMGP0006_R.jpg
続いて期待できるポイント、二つ岩へ。
ありました、流氷。 乗ってみようか・・・こちらも薄くちょっと危険。。。
IMGP0011_R.jpg
また網走市街へ戻り、今度は斜里・小清水方面へ。
鱒浦、北浜、と だんだん流氷も多くなってきました。
流氷をちょっと離れ、トーフツ湖でちょっと散策。
IMGP0015_R.jpg ←これ、置物ではなく、本物の鳥さんたちです!
さて、12時も回っているので昼食。
ガイド佐々木さんお知り合いの方のお店にて、
地元の野菜とホタテと牛乳を使ったドリアを堪能。 美味!IMGP0020_R.jpg
午後はまた海へ。
今度こそ、流氷に乗りたい!!
そして、某ポイントへ到着。
観光地がすぐ近いのに、なぜか観光客には目に付かず、地元の人しか来ないという海岸。
事前にガイド佐々木さんが流氷の接岸をチェックしてきて下さったそうです。
海が完全にびっちり結氷ではなかったですが、意識していないと陸と海の境目が分からないくらい、海は真っ白。
ついに乗りました!流氷に!
IMGP0026_R.jpg
ところどころ海がのぞくものの、氷、意外と頑丈でした~。 そして迫力もあり!
IMGP0024_R.jpg
             徐々に沖へ進むと、中にはブルーに輝く流氷も。
IMGP0022_R.jpg 海もブルーに輝いていたり。
オホーツクブルーというそうです。 まるでステンドグラスを見ているよう。。
かーなり感動!!
車で山に向かい、今度はスノーシューを初体験。
目指すは裏摩周にほど近い「神の子池」。
摩周湖の伏流水が流れてきている、といわれているそうです。
未だにまだ正確なことはわかっていないそうで、とーっても神秘な池。
国道脇に車を止め、雪の林道をスイスイ、サクサク歩くこと約40分。
着きました~!
IMGP0044_R.jpg 周りは雪でも、ここの水、氷っていません。
IMGP0046_R.jpg 
沸いてきています。そして、スーッと透きとおって、青い色をした水。
歩いて見に来た甲斐がありました!!
晴れ空の中、車へ戻り、帰り道に景観写真の撮影タイム。
「あれ、じゃがいも焼酎の工場なんですよ」
IMGP0054_R.jpg
「へー、試飲できるんですか?」
「行ってみましょうか。時間余裕あるし」
で、急遽試飲。
うまい!!
最後は知床斜里駅まで送迎。
9時から17時まで、東オホーツクを丸1日、かーなり満喫しました!
プライベートだからこそ、臨機応変に対応もして頂き。
IMGP0057_R.jpg ←ガイドの佐々木さん
また季節が違う時期に来て、案内してもらいたいと思います!!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
遠慮なくワガママになれるプライベートガイドって、本当に贅沢ですね!
★K.Nさんが体験した、いいたび@オホーツクさんの完全プライベートガイドプログラムの詳細&お申込みはコチラから
K.Nさんの旅は「知床 まる一日満喫の巻」へと続きます(^-^)/