光輝く妖精☆~ステンドグラス体験レポート

LINEで送る
Pocket

編集部のコミィです!
今日紹介する体験レポートは、
ステンドグラス体験を美瑛で楽しまれた、広島市にお住まいのN.Mさん☆
先日の大雪の中、北海道に降り立った強運の持ち主です!
きっと体験したい!という気持ちが雪雲に勝ったんですね(^-^)
N.Mさんの体験レポートはココから始まります!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
不安定な天候の中
それとは気づかないほど順調に美瑛に到着し、
雪一面の世界に北海道に来たんだなぁという実感と
独りで来たんだという思いとで少々心細くなっていました。
美瑛駅からは目と鼻の先にある「アトリエJIOVANNI」さん。
軒下の看板はステンドグラスで作られており、一目ですぐわかる素敵なお店でした。
ドアを開くと、温かい笑顔のあけみさん達に迎えられ緊張の糸もゆるみました。
早速、数パターン用意してくださっていた下準備の済んだガラス達の中から
私が選んだのは「Faerie Queen」。
エプロンをお借りし、ハンダとハンダゴテを手にし、
まずはガラスとガラスを仮留めしました。
%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%91_R.jpg
ハンダを溶かしながら、
ガラスとガラスの間にぷっくりと均等になるようにハンダを流し入れていき、
表面と裏面、輪郭にも同様の作業を行います。
ハンダゴテを初めて持ち、慣れるのに少し時間が掛かりましたが、
均等にハンダがのるととっても楽しかったです。
%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%92_R.jpg
作業を進めていくうちに調子に乗りすぎて、
ポテッとハンダが盛り上がりすぎてムラになったところもありますが(汗)、
それは初めての作品としてご愛敬です(笑)。
%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%93_R.jpg
最後に薬品をハンダ部分につけ
少しアンティーク調に仕上げれば出来上がりです。
%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%94_R.jpg
ステンドグラスの作品達に囲まれれるように作業台が設置してあるので、
きれいな作品達を時折眺めながら、
あけみさんに「きれいにハンダがのったわね~」と声掛けられ
上機嫌のうちに1時間という時間はあっという間に過ぎてしまいました。
次はどんな作品を作ろうかな・・・。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
とても素敵な「Faerie Queen」に仕上がっていますね!
光に当たるとガラスの色がキレイに出て優しい色合いが良いですね~☆
N.Mさん、レポートありがとうございました!
次回は、美瑛の素敵な景色も見れるようなお天気の良い日に体験できる事を願っています!
★N.Mさんが体験したアトリエジョバンニさんプログラムの詳細&お申込みはコチラから