ニセコで熱気球フライト!北海道ライオンアドベンチャーさん

LINEで送る
Pocket

ニセコで熱気球

ニセコで早朝、カラフルなバルーンに乗って大空から周囲を眺めることができる熱気球フライトが体験できます。

集合はニセコビレッジスキー場の下、ニセコカントリーファームとなりの広場です。予約の段階では「気象条件によっては飛べないこともあるので、催行の決定は当日の朝6時に電話で連絡します」と。

風速4メートル以上では飛行できないので、運行確率としては5〜6割ほどだそう。飛べない場合は返金されます。

取材時は無事に実施されることを告げられ、開場入り。朝6時にはスタッフも集まり、フライトに向けての準備が始まりました。

バルーンに風を送る

朝のすがすがしい空気の中、7人のスタッフが手際よくうごき回り、大きくカラフルな気球が、内部に空気をためこみながら膨らんでいきます。

長さ25メートルはある機体の布を広げ、インフレーターという巨大扇風機で風を中にためこみます。スタッフが入口を大きく開いて懸命に風に耐えていました。

熱気球が立ち上がる

作業を見守る中、約10分。最後はゴーッというガスバーナーによって暖められた空気を送り、気球は無事立ち上がります。

熱気球フライトに乗り込む参加者

さあ、急いで乗り込んで。

パイロットが風の動きを読み取り、スタッフが懸命に乗車カゴを抑えつつ、微風がおさまるタイミングで離陸。

浮かびあがる感覚も少なく、すーっと気がつけばゆっくりと上空へ上っていきます。

北海道ライオンアドベンチャーの熱気球フライト

今回の熱気球体験は係留でのフライト。地上の建物や車に取り付けた4本のロープで安全を保っての飛行体験です。

条件によっては、2回ほど上昇と下降を繰り返したりしてフライトを楽しみます。なにせデリケートな熱気球。風に左右されるのです。

パイロットの下田さん

パイロットが「熱気球がつくる自身の影の部分をよく見てください〜、動いているのがわかりますよ」と。数分後、高さ30メートルほどの上空へ。

落ち着いてあたりを見渡すと、東に羊蹄山、南にニセコアンヌプリ山、西に乗馬クラブ、北には昆布の市街地が見えます。ぐるり360度の文字どおりのパノラマが開け、参加者からは歓声があがります。

熱気球がつくる影

約5分ほどの空中飛行を満喫した後、着陸はちょっと緊張感が高まります。パイロットから「少々、ドンとなりますよ。皆さん、つかまるところをつかまって、ひざを軽くまげておいて、クッションのようにしてくださいね」。

着陸後はすぐさまスタッフがサポートしてくれ、無事にカゴから出て飛行体験が終了です。

 

熱気球をかたづける

飛行が終わった後は、使った機体にさわることもできます。上部の穴部分を大きく空けて空気を抜いてしぼませます。長く細く布をまとめてぐるぐると小さくしていく作業に参加もできるのです。

気球をつくる布部分は重さ約130キログラム。カゴは158キログラムもあり、そこにプロパンボンベ2本を積み、参加者の体重が加わります。熱は温度100℃に暖められた空気を蓄え、これらの重さを持ち上げて飛行するとか。

北海道ライオンアドベンチャーの外観

実施は、北海道ライオンアドベンチャーさん。ラフティングやサイクリングを中心に熱気球も実施。パイロットは同社代表でもある下田伸一さん長野県で修行をして資格を取得。10数年のキャリアがあります。

参加者はニセコに宿泊者はもちろん、札幌からの申し込みも多く、朝4時に出発してくる人も多いとのこと。一度は体験してみたい空中フライト。大きな感動が味わえます。

北海道ライオンアドベンチャーのスタッフ

同社は2006年セゾンクラブのアウトドア部門が独立し、長野県のニセコ支店としてオープンしました。ラフティングからスタートし、川遊びなどのメニューを増やしていきました。その後、サイクリングやトレッキングなど陸の上のメニューが増えていったそうです。

一番人気であり定番は、ラフティング。激しくないのんびりと下る清流川下りはファミリーに人気です。冬はスノーモービルやスノーラフティングもなっています。

北海道ライオンアドベンチャーのベース

下田さんは生まれは東京都。お金を貯めて仕事をやめてカナダへ行きました。北海道へは15年くらい前に、アウトドアで過ごすライフスタイルを求めてやってきました。最初はスキー場で働き、その後ラフティングのガイドへ。2017年完全独立し、(株)北海道ライオンアドベンチャーの代表取締役としてスタッフを束ねています。

アウトドアカンパニーの経営者のほかに、現在は、ニセコ町教育委員会の教育委員やニセコ町商工会の副会長など、公職も多数拝命。ニセコ地区を観光で盛り上げようと飛び回る日々を過ごしています。

 

☆北海道ライオンアドベンチャーさんのプログラムはコチラ☆

☆北海道を遊びつくそう!1300プログラムから選べる道内最大サイト「北海道体験.com」はコチラ☆