【道北・中頓別町】厳冬期、閉ざされた鍾乳洞で成長を続ける美しい”氷筍”を見学!

スノーシューで行く!冬の鍾乳洞探検

中頓別鍾乳洞,氷筍

厳冬期にのみ、洞窟内にしたたる一滴一滴のしずくが瞬時に凍って作られる「氷筍(ひょうじゅん)」。
中頓別鍾乳洞では、冷え込みの厳しくなる1月から3月の間に少しずつ成長を続ける”氷筍”見ることができます。

中頓別鍾乳洞,氷筍

冬期閉鎖された鍾乳洞までの道のりは、スノーシューを履いて向かいます。
動物の足跡残る雪原や、トドマツの森を抜けていくと、やがて鍾乳洞の入り口です。
中頓別の雄大な自然と氷の世界をお楽しみください!

waffle0_image_56cadd6b27ad8

プログラムの詳細はこちら↓
「スノーシューで行く!冬の鍾乳洞探検 ~最北の鍾乳洞で氷筍見学~」

中頓別鍾乳洞,氷筍