「ガイドさんリレーインタビュー第二回」 SHINRAの藤崎達也さん!

LINEで送る
Pocket

こんにちは、ナオキです
北海道で活躍するガイドさん達の“リレーインタビュー”の第二回目をお伝えします!
前回のニセコアウトドアセンター代表の工藤達人さんからのご紹介、“流氷ウォーク”を創った男、
NPO法人知床ナチュラリスト協会/SHINRA(シンラ)代表の藤崎達也さんです!
%E8%97%A4%E5%B4%8E%E3%81%95%E3%82%93.jpg
★SHINRAさんのプログラムはコチラから★
東京出身の藤崎さんは、12年前に知床に移住。
「もともと自転車で旅するのが好きだった」そうです。
しかも!結婚と同時に、無職のまま知床に来ちゃったそうです!
「嫁と話して知床に住みたかった」そうです…スゴイ…
そして「小さな街で、いい大人がブラブラしていたので、
ウトロのあるホテルグループ会社に誘われて、観光に携わるようになったんです。」

fujisaki_desk.jpg若き日のロンゲの藤崎さんです…
当時は、知床に来たくて来るのではなく、パックツアーの行程に一部で、
もちろん「体験プログラム」なんて知床にはなかった。
「自分の人生を変えた知床を、なんだと思っているんだ!」
そんな時「ホテルがフロントにカウンターをつくってくれて、
3年間そこに座って、お客様の話や相談を何でも聞きました」

この時、運命の出会いが…
ある時、おばあさんがデスクに来て「私はまったく満喫していない」と嘆いたんそうです。
聞けば「道東自然大満喫」の謳い文句に惹かれて、ツアーで知床に来たのですが、
バス移動とお土産巡りの窓外観光にヘトヘトだったそうです。
そこで、次の日「プレペの滝に案内してあげたら、ものすごく感動してくれました。」
これが、藤崎さん初めてのガイドだったそうです!
%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%9A.jpg美しい冬のフレペ♪
「知床を訪れる人は、ガイドサービスを求めていることがわかりました」
当初、街の人からは「藤崎は誰でも行ける場所に連れて行って、
金までもらっているって言われましたよ(笑)」

今では有名な「流氷ウォーク」を最初に始めたのも藤崎さんです。
%E6%B5%81%E6%B0%B7.jpg
「実は、自分が流氷に乗りたかったんです。だって乗ってみたいですよね?」
「もちろん最大限安全に考慮して、専用のドライスーツも着用しています。」

これも当初、街の人は、ウォーク後髪を濡らしたまま歩くお客さんを見て
「藤崎は流氷から人を落として、金まで取っているって言われてました(笑)」
「僕も旅人でしたので、自分が楽しいと思ったことをプログラムにしているだけなんです」
そんな藤崎さんが大切にしているのは、
都会から来る、自然に慣れていない人達それぞれにあった
「自然の楽しみ方」「感じ方」を気づかせてあげること。
これがガイドの仕事だと言う。
%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C%E6%B0%91%E6%97%8F%E3%81%AE%E8%81%96%E5%9C%B0%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%B7.jpgアイヌ民族の聖地であるウトロのチャシです!
「知床の自然からスピリットを感じてもらう。
それを知床に根付かせることが、SHINRAのミッションなんです。」

今の知床は世界遺産登録後、さらに多くの方が訪れております。
それに伴い、体験プログラムに参加する方も多くなりました。
「でも、年間約60万泊の宿泊者の9割近くは1泊しかしていないのです」
そして、一時期に集中してしまうのが現状です…
「四季それぞれに違う魅力を感じられる知床。ゆっくりと滞在して、
自然のスピリットを満喫できるプログラムを提供し続けることが、僕の当面のテーマです」

【最後にリレー先のガイドさんをご紹介下さい】
「弟子屈の屈斜路ガイドステーションわっか代表の木名瀬さんをご紹介します。
彼は地域との関係を大切にしていて、自然の中のスピリットを伝えられる、
とっても素敵なガイドさんです。」

藤崎さん、ありがとうございました!!!
次回は屈斜路ガイドステーションわっか代表の木名瀬さんです!お楽しみに♪
★SHINRAさんのプログラムはコチラから★
banner_02.gif←今日も読んで頂いてありがとうございます♪ 
みなさんの『北海道体験.com』への会員登録もお待ちしています♪

「「ガイドさんリレーインタビュー第二回」 SHINRAの藤崎達也さん!」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。