【Part2】“美瑛”でネイチャースキー体験♪

LINEで送る
Pocket

体験特派員のtommyです!
身支度が整ったら、ワゴン車に乗せていただいて、体験スポットへ!
ネイチャースキーとは、要するにテレマークスキーのこと。
斜面を滑るゲレンデスキーと違うのはもちろんのこと、
平地を歩く・走るがメインのクロスカントリーとも違い、
短めでとり回しもしやすく、歩く・上る・滑るという
3役をこなすことができるのです。
そういえば、秋田に住む私の祖父も、冬に杉林を巡回する時は
テレマークスキーで山に入っていたものです。
上手に扱えると、とってもカッコいいんですよね、テレマークスキー。
あったかい笑顔が魅力的なネイチャーガイドの小倉さん。
知識豊富で、頼りがいがあります♪
%EF%BC%92%E3%81%AE%EF%BC%91.jpg
「スノーシューのように足を持ち上げて歩こうとせず、スキーを滑らせるようにすると楽ですよ。」
「斜面の時は、このスキーの裏のウロコのようなところを押し付けるようなイメージで上って。」
「一番安定する姿勢は、テレマークです。ジャンプの着地のときの姿勢ですね。」
などなど、歩き方を教えていただいて、いざ森の中の散策開始!
早速現れた、「森のきのこ」
%EF%BC%92%E3%81%AE%EF%BC%92.jpg
切り株の上に雪がかぶって、それを風が形作ることによって、
このような丸い笠をかぶった「きのこ」が出来上がるそうです。
自然って、すごい!
私が写真を撮る間、ガイドの小倉さんはニコニコと待っていてくださる。
さすが、写真がお得意な小倉さん。
そういえば、「北海道体験.com」には、「美瑛・白金ネイチャークラブ」さんの
「ネイチャー・フォト・トレック」のプログラムも紹介されていたっけ。
小倉さんのブログにあるようなステキな写真が撮れる、
そして、家に帰ってからも、その写真を見ながら森に思いを馳せることができる。
フォト・トレックが人気なワケがわかる気がします。
「キツネは気どりやさん。モンローウォークで、1本の線の上を歩くような足跡。」
「リスの歩き方は、跳び箱とび。前足と同じところに後ろ足をつくから、こんな足跡。」
「このエゾシカの足跡は、まだくっきりとしていて新しい。今朝歩いたばかりかな?」
次々といろんな足跡を見つけては、その動物達が何のために、
どんな動きをしているのかを解説してくださいます。
ネイチャースキーは、細かいところを歩けないんじゃないかな?
と思っていましたが、ぜんぜん心配は要りません。
スキーの幅の分あれば、木々の間や枝の下もすいすい歩けます。
そうしてできたスキーの跡は、次に歩く動物達の道になるのだそうです。
冬山を歩きなれている動物といえども、やっぱり深雪をラッセルするのは大変らしく、
ネイチャースキーで歩いた跡を見ると、「なぁんだ、道あるじゃん♪ラッキー!!」
ってな感じで、その上を歩いていくそうで、なるほど、昨日ガイドさんが
下見に来てくれた時のスキーの跡の上を、エゾシカが歩いた跡がありました。
「動物達の世界に足を踏み入れて、ごめんなさい」って、ちょっと思っていたけれど、
お役に立てているなら、少し気が楽かな?
Part3につづく・・・
★明日6日で締切!北海道体験.comでは無料体験モニターへのエントリーはココからどうぞ!★
banner_02.gif←今年もよろしくお願いいたします♪ 
 
みなさんの『北海道体験.com』への会員登録もお待ちしています♪